保護猫と暮らす あずとこた

保護猫2匹のほのぼの4コマ漫画ブログです

☆猫2匹のほのぼの4コマ漫画を書くブログです

スポンサーリンク

父、看取り対応になるそうです

にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

施設の先生から再度お話がありました

 

父の状態はなかなか厳しいらしい。

発熱もなくこれといった症状も無く食事をとらなくなった父。

先生は原因を探って痰の培養までしてくれたようです。

抗生物質を投与しても食欲も戻らず思うような効果が出ないらしい。

体がもう何も受け付けなくなっているのではないかとの事でした。

ただ意識はしっかりあるので来週中頃までは投与を続けて様子を見たいそうです。

 

このまま食欲が戻らず食べないままなら週単位での看取りになるそう。

 

看取り対応にシフトする

 

施設側は今後は看取り対応になるので私達が面会する時は部屋に入る事が出来るそう。

そして面会に来られる方は早めに来られたほうが良いとも。

面会時はガウンを着て部屋には2人ずつ10分間の面会で飲食は禁止。

 

父の状況と面会の仕方と細かく書いて兄妹に連絡しました。

 

さすがにこの段階に来たら兄も反応しました。

面会に行くそうです。良かった。

朝9時に予約したって。

9時に行けるって凄いな。私だったら朝6時30分に家出ないと9時に間に合わない。

そんなに近いのに今まで何してたん?

まぁいいや。面会に行ってくれるならもう何でもいいや。

 

妹からは「了解です」とだけ返信がきましたが、ほんとに分かってるのかな?

看取りの意味分かってるのかな?

週単位の意味分かってるのかな?

面会に行ってくれるだろうか?

この状況を本当に分かってるのかな?

だって「了解です」だけじゃ妹の気持ちが全然伝わってこないよ。

 

母と会う事を断固拒否する父

 

前にも書きましたが父と母は同じ施設にいます。

夫婦で同じ施設に入所出来るなんて幸せだと信じて疑わなかった。

しかし父の気持ちは違ってました。

「俺がいることは(母に)言わないでくれ」

と母と会う事を拒否した父。

今は2人が会わないように施設側が配慮してくれてます。

 

しかし母に面会した時に、

「お父さんがいるような気がする。この間見た気がする」と母から言ってきました。

元々「お父さんと同じ施設だよ!」って言っていた事もあり母はそれを覚えていて、父か父に似た人を施設で見て言ってきたのだと思います。

 

父が会いたくないと言っても母はどうなのだろう?

もう父に時間が無いのならやはり会わせてあげたいと思ってしまう。

 

なので会えないか施設に聞いてみました。

やはり施設の方も父に母の事を聞いてくれてるようなのですが断固拒否してるらしいのです。

 

部屋に入らなくていいのでせめて廊下から父の姿を見せる事はできませんか?と相談した所、父が眠ってる時に部屋で会わせてくれるそうです。

良いタイミングを見計らって会わせられるようにしますと言って頂きました。

 

病気の母を献身的に世話していたのに何故?何故会いたくないの?

今や母の方が元気で父は世話する側から世話される側になってしまいました。

その事がプライドが許さないんじゃないのかな?と主人は言ってましたが・・・

なんだよそのプライド。こんな状態でそんなプライド捨てちまえ。

昭和の頑固じじいだ。

衰えた姿を見せたくないの?

会えばいいじゃないか。なんで会わないのよ。

私には分からないよ。

 

 

スポンサーリンク