保護猫と暮らす あずとこた

保護猫2匹のほのぼの4コマ漫画ブログです

☆猫2匹のほのぼの4コマ漫画を書くブログです

スポンサーリンク

お金の話 (介護資金)

にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

介護資金の話

 

今までの話からも親に全く貯金が無かった事はご存知の通り。

介護が始まり私が金銭の管理をするようになり通帳を確認して愕然としました。

残高20万円。

正確には24万円。

 

一人10万円の給付金があったでしょ?あれです。そのお金が残っていただけ。

頭が真っ白になるってこういう事よ。

 

この間、遺族年金の請求に行ってきたので父の納付記録や年金の金額を知る事ができたんですけど、67歳まで年金とお給料を両方貰っていたので現役並みの所得がありました。

 

転職回数が多かったので、平均的には低所得だったのかもしれませんけど標準月額報酬は全体的に40万を超えてましたし、それが67歳までです。

はっきり言ってなぜ貯金が全く無かったのか呆れます。

 

原因は父のお給料は全て使い切る主義のせいなんですけどね。

私はその考え方が恐くて何度も父に忠告してはケンカになりました。

 

その結果が現在の介護費用不足に繋がっています。

でも妹には要介護になってからも資金援助してたかと思うとねぇ。ね~?

資金援助の証拠である妹の通帳どうしようか?実家から持って来て我が家にあるんですけど(笑)

 

お金の事はもういいからと窘められた

 

実は父の火葬式の時に兄のお嫁さんにお金の事はもういいからと窘められました。

私が口を開けばお金の事ばかりだからでしょう。

 

式の時にお嫁さんから、本当は○○(兄の名前)が(喪主)やるんだろうけど・・・って言われたのを皮切りに私が、

「本当にそうですよ。一番父と折り合いの悪かった私が全てやっているんですから。なんで?って感じですよ。お金がないから直葬しか出来ないし。」

と、お金が無い事に関してちょっとヒートアップした訳です。

そうしたら「お金の事はもういいから」って言われました。

 

よくねーから。

 

ぶっちゃけ、胃が痛くなりながら金銭管理してる私の気持ちなんて分からないでしょうよ?

全て私に押し付けて、ほんの少しの分担金を払ってるだけで義務を果たした気になってるんでしょうけど。

 

お金の話。一番大事な話だよ。どうしてみんな大事な話をしようとしないわけ?

 

 

だれか褒めてほしい。残高を増やしました。

 

親の残高20万など父の入所準備や母の入院などでとっくに無くなってます。

しかし残高は底を尽きませんでした。

なんならほんの少し残高を増やしました!!!

本当に褒めてほしいよ。

そのお金で父の納骨も出来ます。

 

実はずっと予備費を上乗せした分担金を兄妹には払ってもらってました。

だって何があるか分からない。

入院費、特別室料、お金なんていくらあっても困らない。

兄妹には予備費上乗せしてるとは言ってない。だって余裕があると勘違いされたら困るから。特に妹に。

県民共済の共済金が命綱

父が唯一入っていた生命保険が県民共済です。

この県民共済も、両親の生活ぶりを見ていた私が恐ろしくなって父にお願いして入って貰ったのです。

55歳の時でした。貯金も無いのに無保険。

恐いでしょ?

入院でもされたらどうしよう?ってビビった私が入ってくれとお願いして準備したのです。

 

みなさんも知っての通り県民共済は年齢が上がると死亡共済金も雀の涙です。

悲しい金額ですが無いよりもマシです。

ちゃんと他の保険に入っていたなら母の今後の生活も楽なものになったでしょうけど。

もう仕方ありません。

 

遺族年金で施設代を支払ってもほんのちょっぴり残ります。

そこに分担金もあるので貯蓄していこうと思います。

 

今の施設にずっといられません。

なぜなら老健だからです。

老健の中でも比較的長く入所出来る従来型なので数年はいられると思うのですが退所の恐怖は常にあります。

 

たとえ1年・2年だけでも有料老人ホームに繋ぎで入所できる金額を貯めたいのです。

有料老人ホームなら月25万くらいかかります。

以前母がロングショートステイで利用していた施設も有料老人ホームでした。

地域でもリーズナブルな施設でしたがそれでも月20万はかかる計算です。

オムツ代がかさめばもっと高くなるでしょう。

 

もしかしたら一時的にでもまたこの有料老人ホームにお世話になる時が来るかもしれないと思ったので、母がショートステイを終えて今の施設に移る時に挨拶をしてきました。

 

有料老人ホームのケアマネージャーさんに受け入れてくれた事への感謝と、母はここをとても気に入っていたので、もしまたお世話になる事があればよろしくお願いします。せっかくのご縁なので・・・・と。

 

ケアマネージャーさんも、お母さんの事はもうスタッフみんな知っているので是非帰ってきてください。と優しい言葉を頂きました。

 

印象を良くしておきたい。こちらも必死だ。

だって母にはもう帰る場所は無いのだから。

 

 

スポンサーリンク